へたっぴCGノート

日常でちょっとクリエイティブなことをするのが目標

LINEクリエーターズスタンプの制度が2月から変わるみたいです

リエーターズスタンプのサイトにログインすると、お知らせに

【重要】スタンプの審査・販売状況改善に向けた今後の当社の取り組み

および制度変更について

という内容で2月1日から変更されることや2月から審査に出したものに関しての変更点がお知らせとして書かれています。

 

今まで、最低支払額が一万円以上からだったのが、千円以上からに下がるようです

あと、人員などを増員することで審査期間を短くしますという内容と

それにコストがかかる分

2月1日以降に審査に出すスタンプに関しては

売上の配分に変更がありますという内容です。

 

今までは

スタンプひとつ、LINEコイン50で買えるので

(LINEコインは1コイン1.47円として計算されますと記載されているので)

50×1.47=73.5円の売上

これの50%がクリエーターに入るので

73.5×0.5=36.75円

なので37円がひとつ売れる毎に入ってきてました。

 

AppleやGooglePlayはiOSやアンドロイドの端末で課金された場合

その取り分として売上の30%の額を持っていくのですが

今までその金額をLINE側で負担していたのを変更するそうです。

売上からまず、その30%分の金額を引いたものの

50%がクリエーターの取り分になるそうです。

Appleの取り分などをまず差し引いて

73.5×0.7=51.45円

これの50%がクリエーターの取り分

51.45×0.5=25.725円 

 

この25~26円が2月1日以降に審査に出したLINEスタンプ一個売れた時に

リエーターに入る金額のようです。

既に販売されているものは従来通りの配分になるそうです。

 

 

カナヘイのイラスト描きかた帳 (玄光社MOOK)

カナヘイのイラスト描きかた帳 (玄光社MOOK)

 

 

広告を非表示にする